4000人の顧客データをエクセル管理していた私がZohoCRMを選んだ理由

はじめまして。オフィスRINの深井と申します。

前職で会社役員をしていました際に、4000人の顧客データをエクセル管理していました。管理と言っても、パソコンの中にデータがあるだけです。

当時、私は経営者とともにたった2名でセミナーや研修の企画・運営をしていました。2名の会社ですので集客活動は大変です。そこで、集客にこのデータを何とか役立てることはできないだろうか?と日々考えていたとき、クラウド型顧客管理システムZohoCRMに出会いました。

 

ZohoCRMは顧客管理が出来ると同時に、簡単にメール配信が出来ます。私は早速、ZohoCRMに顧客データを入れメール配信を始めました。そこからお客様との関係が徐々に変わります。

 

PCの中にただ眠っているだけの顧客データが、生き物のように変化をし始めたのです。

 

まず最初は、顧客データ全体にメールを送り始めました。少し慣れるとお客様をいくつかのグループに分け、それぞれに合ったメール配信を始めました。この頃から、お客様から色々な反応が返ってくるようになり、その反応によって新たなサービスを作り、そこにまたお客様が集まる。。。そんな循環が始まりました。

 

結局、メール配信を始めて3年でセミナー・研修を全国で約70回開催し、のべ2000名のお客様を動員いたしました。

 

たった3年の間に2名の体制でこれだけの集客と展開が出来た背景に、顧客管理システムの力が大きく、このノウハウを中小企業や個人事業主の皆さまにお伝え出来たらと考え、この度オフィスRINを立ち上げました。

私と一緒に、ZohoCRMを使って、お客様との関係を変えてみませんか?