ZohoCRMの運用:データの追加は育てる感覚!

 

zohocrmに顧客データを追加したくなったらどうするの?

 と思われている方、結構いらっしゃると思うのでリストの追加方法を説明いたします! 
このデータの追加こそが顧客管理システムを育てる感覚なので、ぜひ皆様に味わって頂きたいです!

 

  1. 追加する顧客データはどういうものがある?
  2. データ追加:直接入力
  3. データの追加:名刺スキャン
  4. データの追加:インポート

1.追加する顧客データはどういうものがある?

zohocrmの導入して登録先にメール配信を始めると、徐々に運用のイメージが湧いてこられるお客様が多いです。運用イメージが湧くと、登録先に以外のお客様で新たにメールを送りたい人が思い浮かぶことは多々あります。その際はデータを追加することになります。


また新規の先についても、名刺交換をされたらすぐに登録をされるお客様が多いです。登録しておけばメール配信出来ますので、早めいれておいた方がいいですよね。

 

2.データの追加:直接入力

追加の方法は3通りあります。1つ目は直接入力です。

 

上の写真はzohocrmの顧客情報の直接入力の画面です。この画面からお客様の情報を直接入力することが出来ます。数件の入力なら、直接入力が手軽で早いです。

 

3.データの追加:名刺スキャン


 

zohocrmはスマホからスキャンできるアプリもあります。
ただ、これは読み取り性能が微妙なので。。。とりあえず、名刺交換したらすぐに写真を撮ってzohocrmにデータを送り、後からきちんと入力する、という使い方をおすすめしております。

 

詳しくは下記の記事↓に書いておりますのでご確認ください。

4.データの追加:インポート

 

追加するデータが10件以上でしたらエクセルデータにしてインポートする方が早いです。インポートの方法は新規で登録する場合と同じです。

 

詳しくは下記の記事↓に書いておりますのでご確認ください。

いかがでしたでしょうか。

zohocrmを導入してメール配信などを始めると、データはどんどん追加されていきます。これは、導入された方が最初に実感される、これまでの顧客管理とは違う感覚です。

まさに“育てる顧客管理システム”の感覚です。


是非、一緒に大きく育てていきませんか?